アジア・スコットランド協会によるセミナー実施報告

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
2月21日に、アジア・スコットランド協会主催で「Japan and the United Kingdom – a Collaborative Future」と題するセミナーが日英文化季間の一環としてエディンバラで開催されました。
 日本から大島正太郎国際経済研究所理事長、細谷雄一慶應義塾大学教授、川添誠司住友三井アセットマネジメント主任の3名がスピーカーとして招かれ、ブレクジットと今後の日英関係の重要性について講演と議論が行われました。
最終のパネルディスカッションでは、髙岡総領事の挨拶後、アバディーン・スタンダード・インベスト社のゴヴィンダ・フィン氏もパネリストに入り、会場から活発な質問がされ、Brexit後の日英関係の重要性について再確認されました。
各登壇者のインタビューについては以下にご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=xkQFQV-Lm2c

https://www.youtube.com/watch?v=MUJE3lUyT98

https://www.youtube.com/watch?v=wHN5TPNFjLM